• ホーム
  • AGAだと判明したら直ぐに治療開始

AGAだと判明したら直ぐに治療開始

男性に多い悩みに薄毛があります。
年齢が若くても抜け毛が多くなり髪の毛が薄くなってくるという症状なのですが、男性ならではの特徴的な症状があります。
男性によくあるつむじやおでこのあたりから髪の毛が抜けてくるのです。
つむじは円形に薄くなり、O字ハゲという症状になりやすく、おでこは髪が徐々に後退してしまいM字ハゲになってしまうのです。
このような症状をAGAと言い、これは男性型脱毛症の意味で男性によく見られる薄毛の症状なのです。

AGAになると早めに治療開始しなければなりません。
そのまま放置していても治ることはなく進行していくために早めの治療が必要となります。
M字ハゲやO字ハゲは初期症状があるためにその症状を見逃さないようにすることです。
初期症状として抜け毛が多くなるという段階ではすでに遅いということになります。
その前に髪質の変化があるのです。AGAになると髪の毛は細く弱くなってくるのです。

ヘアセットがいつものように決まらなくなってきたり、クセが出て来たりすることがあります。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、成長期が長いと太く強い髪の毛となります。
しかしAGAになるとこのヘアサイクルが乱れてくることになるのです。その結果髪の毛は十分に育つことができなくなってしまいます。

髪の毛は成長期に伸びてきますが、その期間が短くなると細く弱い髪の毛になり、髪質が変わってくるのです。
髪の毛は成長期のあと後退期があり、やがて休止期となり髪の毛は抜けてしまうことになります。
ヘアサイクルが乱れると成長期の期間が短くなるので結果的に早く抜けてしまうことになってしまうので、治療開始するのは早めにすることです。
またヘアサイクルは通常であれば4年から6年といった期間があり、ヘアサイクルは元に戻るには時間がかかるのです。
つむじがO字ハゲになってきた、おでこがM字ハゲになってきたというような場合は、早めに気づいて治療開始することです。

AGAになりたくないなら喫煙・飲酒を控える

AGA男性型脱毛症には原因があります。それはヘアサイクルが乱れてしまう原因です。
ヘアサイクルを正しく維持することができるのは髪に必要な栄養分がきちんと行き届いているという状態なのです。
しかし栄養分が不足してしまうと髪の毛は成長に必要な栄養分が足りなくなってしまうのです。

髪の毛に必要な栄養分が不足する原因として、栄養分自体不足しているという状態もあれば、血行が悪くなり栄養分が行き渡らないという状態もあります。
食生活にも影響されてしまい、髪に必要な栄養分が不足してしまうことになります。そして血行不良を招く喫煙や飲酒を控えることが大切です。
喫煙や飲酒をすることによって髪の毛に必要な栄養分が十分に行き渡らなくなってしまうのです。

AGAになりたくなければ早く治療を開始するということと、喫煙や飲酒を控えるということが大切なのです。
抜け毛が多くなってきたと言う前に髪質がかわってきます。その段階で気づいて治療を始めることができれば改善することも可能となるのです。
髪質の変化や抜け毛というのはあくまでも現象であって、真の原因を解決しなければならないのです。
血行不良を招いている喫煙や飲酒は出来るだけ控えるということです。その結果ヘアサイクルも正常に戻ってくることになるのです。

ヘアサイクルが正常に戻るには時間がかかります。早めに治療開始して治療を続けることです。
数ヶ月では改善されないこともありますが、続けることで必ず変化が現れてきます。そのためにも早めに治療開始することです。
髪質が変わってきたという段階ならヘアサイクルも正常に戻しやすいのです。
喫煙や飲酒を控える、もしくは喫煙はやめるなど対処することが必要です。