私が失敗した投資に関する体験談:銀行おススメ投資信託の落とし穴

1. 性別 女
2. 年齢 46~50
3. ご利用した商品名 米国エネルギー革命関連ファンド(年1回決算型) 為替ヘッジ無
4. 銀行おススメ投資信託の落とし穴
               
以前から投資信託の講座を持っていた地方銀行の担当者から、NISAの講座を作ってほしいとたのまれました。本当は投資信託から足を洗いたい。と思っていたのですが、口座を作るだけ、と承諾してしまいました。

作ってしまえば当然、投資関係の商品を薦めに営業の人がやってきます。紹介されたのは女性の行員でした。以前から男性の行員が担当で、下落するとともに転勤していなくなってしまう、の繰り返しでした。彼女はとても熱心で、月に1回報告する義務があるから、と言って、必ず会いに来ました。

私はNISA枠で100万円分の投資をしただけなので、そんなに熱心に来てくれなくてもいいのに、と思っていました。始めのうちは、値動きが安定していたエネルギー関連の商品は、原油の下落とともに、激しく落ち込みました。

配当は年に1回微々たるもので、とても戻ってくる気配がありません。そのうち、彼女は転勤が決まりました。代わりの者がすぐに挨拶にきます。と、自分の転勤先まで言って行ったのですが、代わりの人など、来ませんでした。このまま、塩漬けです。

(HRさん)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。